もたん所長です。

勤め人の所長は、おかげさまでこの3連休はしっかり休むことができました。

7月までの怒涛のようなプロジェクトが終わって、2ヶ月。

 

 

2ヶ月経って、プロジェクトのお片づけも落ち着いてきたので、帰りが早くなりました。

だいたい18時半には会社を出られる感じ。

でも、これまで、そんな早かったのは、新入社員の時くらいでした。

 

1社目では大規模プロジェクトに関わっていたので、だいたい20〜21時過ぎ。

2社目は業種がコンサルでしたので、エンドレス。

そして現職は、働き方改革のおかげで徐々に早くなっていきましたが、昔は平気で23時くらいまでやってました。

 

そして今、仕事が落ち着いて、地元の本屋さんが開いている時間に帰れるようになったり、土日も落ち着いて犬の散歩なんかしていると、いままでの生活が当たり前の生活ではないんだなと、思うようになりました。

 

遅くまで働いている人が異常と言いたいわけではないです。

遅くまで働かない生活もあるってことを思い出しただけです。

だいぶ、会社人間になっていました。

 

自分には、いろいろな選択肢があることを忘れない。

そして、それをあきらめない。

それが大事だと思います。

 

そういうことが思い出せないくらい追い込まれている人にも、優しくそのことを話してあげましょう。

そうすれば、新しい道も開けます。

 

自分の置かれた環境が普通とは限らない。

「深く大きく考える」

大学の先生がくれた言葉ですが、いつも頭にその言葉を置いて、開業準備を進めていきます。