どうも、もたん所長です。

まず、のっけから言っておきます。

まだ、スケジュール作ってません!(`・∀・´)

でも、大学院の授業で割と大切なことを学んだので、書いてみます。

僕が通っている、グロービス経営大学院では、最初に取る授業に「クリティカルシンキング(以下、クリシン)」というものがあります。

ロジカルに考えるだけでなくて、それを人とのコミュニケーションにまでつなげて、実践できるというカリキュラムで、ビジネスをやる上での基本、基礎トレ、はたまたOS(オペレーションシステム)と言われています。

ものの考え方がぶれたり、ずれたりしては、そもそも先が続かないということですね。

余談ですが、ぼくはクリシン受けただけでも、随分仕事(特に交渉ごと)が楽に運ぶようになりました。やはり、基本は大事です。


ところが。。。です。

その次に受けている、経営戦略の基本の授業では、知識も大事と言われました。

確かにそうです。こうした業種はこういう傾向があるから、xx経費が高い等の知識を知っている、知っていないで時間が短縮できますし、下手すれば分析の方向が明後日に行くことになりかねません。

土台は大事。これ当たり前。

でも、土台の上に何もなければ、なんの付加価値も発揮できないんだな、とはたと気がつきました。

思考力と知識のバランス、意識しながら、学びを続けていこうと思います。

 

さーて、そろそろスケジュール作るかなぁ。(大汗)