システム開発のプロが、インターネットサービスを使うとき気をつける3つのこと。。。まだ大企業で消耗してるの。。。

こんばんは。もたんです。

 

スモールビジネスやNPOの立ち上げ時、たくさんの方がインターネット上のサービスを利用します。

その代表格がブログやSNS。

 

もう少しこってくると、フォーラムなどのプラットフォーム、告知サービス。
さらに、レンタルサーバーを使って独自ドメインを取る人もいます。

でも、そこに含まれるリスクを考えている人は、意外に少ない。

今日は、200件以上のシステム開発に関わってきたぼくが気にすることを書いてみます。

 



サービスは、3つのポイントで考える。。。

(1)サービスの継続性

これは利用しているサービスそのものが、いつまで続くかということ。
サービス業者が経営不振で、ある日、突然ブログが閉鎖なんてなると、目も当てられない。

ネット上のサービスは、見栄えが良いので、楽屋裏がどうかなんてよくわからない。
分かったとしても、個人が会社の経営状態を判断するなんて、現実的には難しい。

大手のブログなどは大丈夫でしょう。
でも、新たに立ち上がったサービス会社を使うのは、ストップしても困らないだけものだけにしましょう。

 

(2)サービスの安定性

一つ目の継続性と似てますが、こちらはもう少し短気スパンのこと。

障害が頻繁に発生して、使えないことがないかということ。

物販などのサイトでは、お客様がポチったときが買い時。
エラーが出たら、買い物をやめてしまうかもしれません。

障害率は、Webで調べられるものもありますので、見てみてもいいかと。

 

(3)サービスの機密性

顧客情報を扱う場合は、使うサービスの情報管理も気になります。
こちらも個人で判断するのは難しい。

サービス提供者が、

  1. ISMS認証(組織的にセキュリティマネジメントを行っていると認められる)
  2. プラバシーマークをとっている

とか、その点を調べてみましょう。

 

>>ISMS認証取得組織検索 http://www.isms.jipdec.or.jp/lst/ind/
>>プライバシーマーク付与事業者一覧 http://privacymark.jp/certification_info/list/clist.html

 

金融機関などは、とくにこの気密性の観点から、極端に顧客情報を外に出すことを嫌います。

ただ、個人レベルであれば、かえって外部サービスに委託した方が、ウィルス対策等がされていて安全ということもあったりして。。。

 

 

そんなこんなで。。。

インターネット上のサービス活用は、早期にサービスを立ち上げたり、管理の手間が省けたりと、いろいろ利点があります。

ただ、あくまで、外部の人に作業を頼んでいるというこをと忘れずに。

 

ではでは。。。

 

【こんな記事が人気です。。。】

  1. チャンスは待ってくれないですよ。
  2. 情報に金を払えない奴はバカである。。。
  3. 決断力がない人のための、正しい判断を下す方法 
  4. セカンドキャリアの現実。。。
  5. え、社会貢献するのにNPOじゃないといけないなんて誰が言ったの?

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

【ランキング参加しています】

ブログの毎日更新を続けると小説家になれる?

みなさん、こんばんは。

 

サラリーマンのブログはつまらないと言われても、地味に更新中のもたんです。

ちなみに、サラリーマンのブログがつまらないと、バッサリ切ったのはイケハヤこと、イケダハヤトさん。

ちなみに、ぼくはイケハヤ党です。
イケダハヤトさん、面白い。
ま、面白さは、ご自分で見てもらうとして。。。

 

 

プロブロガーは、凡人の10倍の記事を書く。。。

イケハヤ氏は1日に大体10本の記事をアップしているそうです。
サラリーマンのもたんは、1日1本でも大変ですが、プロブロガーはやはりレベルが違います。

イケハヤ党ならずとも、ブログでブランディングを考える人であれば、更新頻度を高めて記事のストックを増やすことの大切さを知っています。
でも、それでどんな効果があるのか実感するには時間がかかるので。。。
毎日更新した場合の効果を定量的に考えると。。。

 

 

毎日更新は、月に短編小説を1つ書くのと同じ。

ぼくの場合、1つの記事はだいたい800字から1600字くらいです。

ま、一日原稿用紙2〜3枚として、月に60〜90枚程度。
文字数にして、24000〜36000字。
これは、短編小説1つ分の量です。

年間であれば、12個分。
小説家でもないぼくがこれだけの文字数を書くなんてすごい。

毎日更新してれば、文章力があがること間違いなしです。

 

 

でも、サラリーマンでもすごい人がいる。

ちなみに、最近発見したブログでは、サラリーマンで一日5本書きまくっている方を見つけました。
もう、クレイジーで尊敬に値します。(゚∀゚) mjd

NPOのホームページ運営が必ずしも直結するかは別にして、やはり書き続けることで文章の基礎力アップ、見せ方の向上は果たせるはず。

 

ぼくも、これから一日2個にしようかしら。(無理。。。)

なんにせよ、塵も積もれば小説家ってことで。

 

ではでは。

 

(ちなみに、今日は804字でした。)

 

ランキング参加しています。
#NPO

とあるブログの禁止実験。。。時事ネタの威力。。。

さて、ほぼ毎日更新をめざすこのブログ。

この一週間ですが、10月20日(月)の「資格試験に受かるサラリーマンの通勤電車のすごし方 」が一番人気でございました。

この日だけ、飛び抜けてアクセス数が多い。

 

これは、すごくよい内容を書けたというわけではなく、10月18日(日)が宅建の本試験日だったことが大きかったようです。

時事ネタ、つよし!

 

テクニックのある人は時事ネタを織り込んでいる。。。

以前、アクセス数が欲しい人は、必ずその日はやったことを記事のどこかに混ぜ込んでいると聞きました。

今回の資格試験の記事では、図らずもそれを実感した感じ。

 

試験みたいなイベントもの意外にも、例えば、何かの正確性を必要な作業について書くとき、「ラグビーの五郎丸選手のように正確な●●ができれば。。。」なんて書くと、グーグル先生にひっかかるのでしょう。

あまりあからさまな文章は良くないですが、記事の内容にそうのであればこれもありでしょう。

 

時事ネタはそこら中に転がっている。。。

そんなに都合よく、ネタは転がっていないというあなた。そんなことはありません。

ちなみに、今日は所用があって原宿なんぞに年甲斐もなく行ってきました。

すると、さすが原宿。ハロウィンの仮装をした若者が乗っている東急ハンズの宣伝車両が走ってました。

カメラを向けると、一人の女性がすかさずカメラ目線でポージング。

さすがですね。プロのモデルさんでしょうか。

竹下通りでも仮装パレードをやっていたそうで、目の周りを黒くぬった人がたくさんいました。

 

気がつけば、時事ネタはそこら中に転がっているのです。

↓こんな感じ。
IMG_0669

本当に時事ネタはアクセスに影響するのか。。。実験だ!

というわけで、今日の記事には宅建、ラグビーワールドカップ、ハロウィンと3つのネタを仕込みました。

アクセス数が変わるのか、その結果は明日、お知らせします。

 

ではでは。

 

ランキング参加しています。にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村