専門性をつける方法について。。。

 

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 

専門性って何?

 

以前同僚と話していた時、
「もたんさんは転職できてすごいね。」
「私なんかなんの専門性もないから、しようと思ったことがない。」
と言われたことがあります。

 

専門性って言えば、一般的に特定の分野での深い知識、技能のこと。
でも、ぼくにはそんなものない。
少なくとも、巷でいうようなスーパーマンじみた能力はない。

そもそも、この専門性ってなんなんでしょう。

 



 

専門性はあるものじゃなくて、相対的に生み出すもの。

 

例えば、ぼくの持っている社労士資格。
無資格の人からすれば、ま、それなりにすごく見える(時もある)。

でも、これが社労士会の集まりに行けば、ぼくなんてただのペーパードライバー。
実務を経験した先輩方の足元にも及びません。
土俵が違えば専門性なんて簡単に吹き飛びます。

 

つまり専門性は、自分がいる(またはいたい)場所で差別化を
図るのことによってのみ作られるものです。

そこには明確なポジショニングが欠かせない。

でも、みんなそんなことは考えずに、得体の知れない専門性を
身につけようと資格勉強に走るのが現状でしょう。

 

 

専門性はどうすればつくのか

それには、まず自分がやりたいこと、土俵を見つけること。
そうしないと、自分の差別化ポイントがわからなくて、
雲をつかむような努力を始めることになる。

 

次に必要とされていること、そのレベルを見極めること。
その上で、それを習得するための計画を実行します。

当然ある程度の努力と経験はいります。
客観的に、どこでも通用する専門性なんてないとしても、
何の努力もなしに専門性を発揮することは想像しにくい。

でも、明確な専門性をつけるには、自分がどの環境で
どう専門的なのか定義するしかない。

そこがまず第一歩です。

 

 

専門性を他人に認めてもらうには。。。

仕事の中の小さな出来事でも、ボランティアでいい。
習得したスキルを使って、わかりやすい形で実績を残すことです。

専門性に普遍的な定義はない。
でもその能力を使った実績は、誰が見ても分かる普遍性がある。
よって、実績を残していくことは重要です。

せっかく専門性を身につけても、それを周囲に認めてもらえなければ
真に身につけたとは言えません。

 

そんなこんなで。。。

専門性が高いほうがいいなら、ガンダムの主役はガンタンクになる。
(ガンダムは汎用機、ガンタンクは長距離砲撃専門)

でも、世の中そうならないのは、ガンダムがどんな場面でも
一定の戦果をあげたからでしょう。
(結果的に、ガンタンクのパイロット、ハヤト・コバヤシも
最後はガンキャノンで出撃したし。。。)

 

得体の知れない専門性を習得しようともがくのは愚かです。
それよりも、必要なものを定義して、日々の実績を積み重ねていくことが
重要だと思う今日この頃。

ではでは。

 

【こんな記事が読まれています。。。】

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

【ランキング参加しています】

NPOの税金で気をつけるべき2つのポイント。。。

(10月28日、東京都主税局の参考資料へのリンクを追加)

さて、今日はNPOの税金のはなし。

「NPOって税金がかからないよね〜」って漠然と思っている人いませんか。
感覚的にはあってますが、実はちょっと違います。

ムダな税金を払わないために、気をつけておくべき点をお伝えします。

 

 

税金がかかるかどうかは、収益事業の有無で大きく変わる

NPOにかかる税金は、そのNPOが収益事業をやっているかどうかで大きく変わります。

収益事業あり 収益に対する法人税・法人事業税の他、都道府県市町村の住民税がかかります。
収益事業なし 法人税等はなく、住民税のうち「均等割」とよばれる税金のみかかります。

 ※本件では、消費税や所有自動車にかかる自動車税は割愛しています。

収益事業とは、法人税法で定められている34の事業をいい、物販、運送、印刷等々およそ我々が思いつくものは 網羅されています。

乱暴な言い方をすると、寄付や会費以外の収入があったらそれは収益事業にあたるって感じです。
(でもケースバイケースなので、事前に都税事務所か専門家に確認が無難。)

NPOの本来業務以外に何か事業をすれば収益に税金がかかるし、しない場合も一定額は住民税がかかるのです。

>>ご参考:NPO法人と均等割 – 東京都主税局

 

でも「均等割」は免除申請が可能なので、実質かからない

均等割とはいわば住民税の基本料金部分のことで一律の額が課されるもの。(NPOの場合、東京都では●●円)

でも、住民税の均等割については、NPOは免除申請をすることで支払いが不要となります。
通常は、毎年4月1日〜31日の間に免除申請を出せばOK。

こういうわけで、NPOは税金がかからないと言われます。

 

 

気をつけたい免除申請の時期と、設立申請時の「収益事業の有無」

ただし、ここで気をつけたいのが、新設のNPOの場合。

例えば、2015年7月新設で初めての決算が2016年6月末の場合、4月の申請時期ではまだ一期経過していませ ん。ですが、その時点で申請しないと免除されないのです。

住民税は、決算期とは関係なく、法人が存在している年度単位でかかるものだからです。

また、免除申請の紙は、お役所の方からその時期になると案内がくるようになっています。

でも、NPO設立の申請書類に「収益事業あり」と書いてしまうと、そもそも案内自体が来ません。

ちなみに、ぼくの知人も「収益事業あり」と申請したので免除申請の案内がこず、あわてて自分で申請をしたそうです。

当初から綿密な事業計画がないかぎり、収益事業が立ち上がることはまれと思います。

明確な予定がないのであれば、収益事業は「なし」でまずは申請しましょう。

 
上記の他、自治体によって提出期間がちがったり、毎年免除申請を出す必要があるなど、ちがいがあるそうです。免除が受けられないことの内容に、よく確認しましょう。

 

 

ではでは。。。

 

ランキング参加しています。
#NPO

ブログの毎日更新を楽にする3つの方法。。。

ブログの毎日更新って難しくない。。。

昨今はブログを活用してセルフ・ブランディングしたい人、アフィリエイトで稼ぎたい人向けの本がゴロゴロしています。
その手の本を読むと、毎日更新を続けましょうとある。

当然常に更新されているところに人は集まる。
また、過去記事のストックが多ければそのブログの検索流入量も増える。
とにかく、最終的に記事の量がキモということです。

でも、「ブログの毎日更新って本当にできるか」って思いません?

結論から言うと、結構出来ます。
ぼくもアメブロで一昨年の11月から約1年間毎日更新していました。
(寝飛ばしたことが数回ありますので、厳密には違いますが。。。(;゚∀゚))

ちなみに、ぼくはただの会社員でウィークデーは朝から晩まで会社です。
帰りにどっかに飲みに行くとかもない、わりとつまらない人間です。
でも、できました。

どうやったんでしょうか。

毎日更新をするコツ。。。

一番大切なのは、ネタを考える習慣を付けることです。
ちょっとしたことでも、おもしろがること。小さなことでも、誰かの役に立つ情報じゃないかと感じること。周りに転がっている情報を、自分なりにそしゃくし直す癖をつけます。
(こればっかりは、自分で体得してください。)

その上で、大切なのは。。。

 

「ネタをメモる!」

せっかくネタを思いついても、人間すぐに忘れます。
誰かに話しかけられようものなら、ピピッと来たネタがすぐどこかに飛んでいくマス。
ひらめきは滅多に出ないわりに、いなくなるのも早いのです。

というわけで、ぼくはiPhoneのメモ機能を愛用しています。
何か思いついたらiPhoneを取り出して、すぐにメモ。

家に帰ったら、そのメモを見ながらすぐに記事を書くという寸法です。
ネタ調に常時いくつかネタがたまっていれば、安心です。

 

「無理に新しいネタで書こうとしない」

そうはいってもネタを思いつかない時は、過去に書いた記事を再考してみる。
これは目からウロコだったんですけど、同じネタの記事を何度買い手もいいそうです。(確かイケダハヤト氏のブログにありました)

常に自分は変化しているので、同じネタでも書くことは進化する。
逆に、「このネタ前に書いたっけなぁ」的遠慮が大敵です。

 

「趣味性の高いブログなら写真を活用する」

シャボテン、ガンプラ、など趣味性が高く写真などのコンテンツがあるものは写真を利用しましょう。
自分の植物の写真を撮る。
その作品を作るにあたって工夫した行程を、写真を使って解説する。

写真は目を引きやすいので、これまでに写真のストックがあるような方は、写真の掲載もオススメです。
以上、3つの方法をご紹介しました。
フォレスト・ボランティアも、本日より毎日更新モードへ戻ります。

毎日更新に挑む皆様、一緒に頑張りましょう。

 

ランキング参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村