複数回転職と金融商品の回転売買ってなんか似てる。。。


どうも、永遠の開業準備中社労士・もたん所長です。

今日は、転職と生金融商品の回転売買の類似性について。

若干、無茶振り記事です。

 

 





むかーし、金融業界界隈で、生保の回転売買が問題になりました。

回転売買とは、販売手数料を得ることを目的に、代理店または販社が顧客に既存の契約を解約させて、新しい契約を結ばせること。

特に運用性の高い商品でこういったことが多く、顧客は良い保険を勧められた気になりますが、大抵は損をしています。

なぜかというと、生命保険では年齢が上がったほうが保険料が高くなるので、あとで見直しをすると損になるのです。

ひるがえって、転職の話。

毎日テレビでも電車の液晶画面でも、転職転職のオンパレード。

でもね、転職すると、退職金も減るし、給料だって必ず上がるとも限らない。

耳障りの良い言葉に踊らされて、安易に転職を繰り返すのは、生保の回転売買に乗せられているのと変わらない気がします。

いい商品がありますよ。

いい仕事がありますよ。

甘い言葉には、くれぐれもご用心。

転職回数2回のもたん所長でした。