出版おめでとう!「介護施設運営・管理ハンドブック/日本法令」

 

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

今日は友人が初の著書を上梓されたのでご紹介。

おー、すげー。
「桐島、部活やめるってよ」ならぬ「鳥羽、本出すってよ!」。

その名は!コンバトラーVならぬ。。。

 

介護施設運営・管理ハンドブック

(↓概要は下記をクリック!)

11205076_857567097694300_5059930583960825683_n



 

アマゾンによれば。。。

人材の確保と定着、収益構造とお金の流れ、介護事故防止、感染症対策…等々、施設運営にあたって必要な知識とノウハウを、施設運営の現場で実務にあたってきた著者が、その経験と知見に基づいてわかりやすく解説。

 

実際、著者の鳥羽さんの講演を聞いたこともあるんですが、すごくわかりやすく介護保健制度を説明されてました。

(介護施設の種類をマッピングされた図表がとても分かりやすかったのを鮮明に記憶。)

中身のわかりやすさは折り紙付きです。(もたん談)

 

ちなみに、ぼくの興味はNPOの人事労務面にどんな問題があるうるかってとこなんですけど、介護施設の運営も何か共通点があったり参考になるんじゃないかと思って興味津々です。

 

しかも、今なら下記の特別申込書で申し込むとお得な価格で購入可能。

(ダウンロードして印刷してください。)

943820_857567197694290_3975398858798068317_n

ご興味ある方は是非。
ぼくもこれから申し込みまする。

 

そんなこんなで。。。

こんな風に仲間が前に進んでいくのを見ると、こちらも良い刺激をもらえます。

素敵な仲間に感謝!

ではでは。

 

【こんな記事が読まれています。。。】

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

【ランキング参加しています】

仕事の倫理。。。(社労士会の倫理研修に行ってきました)

 

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

今日は休暇をとって社労士会の必須倫理研修に行ってきました。
(もたんは一応東京社労士会に所属する社会保険労務士なのです。)

 

意外に良かった!

で、協会主催だと思ってちょっと舐めていったんですけど、反省しました。

存外内容が濃かった。
分かりやすかった。

中身も具体的でした。
いわゆる精神的な内容の他、社労士制度自体に起因する
ビジネス上気をつけないといけない点の解説もありましたし。。。

ぼくのような開業予備軍にも、勉強になるところがたくさん。

 



倫理倫理というけれど。。。

で、本題の倫理研修なんですが。
まとめの部分での、講師先生が非常にわかりやすく倫理的行動を説明してくれました。

曰く。。。

  1. コンプラを日本では法令遵守と訳したが、その結果、法律さえ守ればいいという風潮が生まれた。
  2. 本来、コンプライアンスとは、お天道様に恥じないよう行動するということ
  3. それを踏まえれば昨今の倫理的不祥事などおこらない。
  4. お客様の利益を最大化するのがプロだが、不正な利益を最大化するのと勘違いしてはいけない。

 

年末年始にかけていろいろお騒がせの社労士業界でしたけれど、
うーむ、これは業界問わずだな。

心に留めておこう。

 

そんなこんなで。。。

ちなみに、今日はコンプライアンスという言葉を何度も聞きましたが、
僕は使用の意図を説明せずカタカナを多用する人は信じません。(^◇^;)

あしからず。。。

 

ではでは。

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

【ランキング参加しています】