やればいいというものではない?ホームページの使い方。。。



こんにちは。もたん(@eva_motan)です。
先日、開業士業の先輩とお話ししていたときのこと。

  • 「営業はやっぱり既存のお客様からの紹介や口コミですか?」
  • 「そうだね。特に営業とかはかけてないよ。」
  • 「ホームページとか、どうですか。」
  • 「特にやってない。インターネットだと、相手の顔が見えないからね。」

 



 

ホームページによる集客の良し悪し。。。

ホームページは広く世の中に門戸を開きます。
どんな人でも、パソコンがあればアクセス可能。
東京に住んでいても日本中、場合によっては世界中に発信可能。
これが利点。

一方で、どんな人でもアクセスできてしまいます。
自分が望まない人も含めて。。。
 

口コミの利点

ホームページのように広く遍くだと、どうしてもモンスター・カスタマーに遭遇します。

口コミの場合は、紹介者もわかっている。
その方のお知り合いなら、あまり変なこともありません。
 

自分の集客方法をよく考えて。。。

ホームページは今や当たり前のツールとなりました。
でも、使うのはホームページを立ち上げる自分自身。

単なる告知にするか、積極的な集客に使うのか。
やり方によってかける体力も変わってきます。

よーく、考えて作りましょう。

ではでは。

 

【こんな記事が読まれています。。。】

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

【ランキング参加しています】