これはうまい。。。なぜ巨大ロボットは必殺技を叫んでから使うのか。。。



 

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 

今日は大して役にたつネタではありませんが。。。

先日、「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」なるアニメを見ました。
(ぼくはちょっとマニアックです。。。)

そうしたら、誰もが子供心に感じたことのあるあの疑問。

「なんでこの人たちは技を叫ぶのか。。。」

それが、氷解したのでご紹介します。

 



 

答えはそう。「音声認識」技術。。。

 

初めて主人公がロボットに乗る場面で。。。

操縦の仕方がわからず、敵に押し込まれるけど、技が出せない。

すると、別の主要キャラがこう言うんです。

 

音声入力で必殺技がマルチ入力される。

技を叫んでからレバーを押せ!」

 

で、「プラズマなんとか!」って叫んで、レバーを押すと。。

出るんですな、技が。。。

 

叫んでる時間が無駄じゃなくて、操縦を簡単にする魔法の機能。

 

テクノロジーが空想の世界に追いつく例はあったけれど、

テクノロジーが空想の世界を肯定するのは珍しい。

妙に納得しちゃいました。。。

 

 

そんなこんなで。。。

 

今、ロボットの操縦席を体感できる「戦場の絆」という

アーケードゲームもありますし。

>>ガンダム 戦場の絆

 

マンマシンインタフェースは、空想が現実をはるかに追い越して進化しています。

そのうち、本当にロボットが操縦できる日もくるのかな。

その時は、まず「ロケットパーンチ」と叫びたい。

ではでは。

 

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】