人の決断の理由に大小なんてありません。。。まだ大企業で消耗してるの。。。



こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 

先日、知人がfacebookに社会人になる時の志望動機を振り返る記事を書いていました。

内容は載せませんが、自分の問題意識、その解決方法。

そしてその会社でできることが的確に整理されていて。。。

 

 
 

一番驚いたのは、その問題意識の広さと、企業選びのつながり。
ソーシャル企業的観点なんですけど、確かにこの会社に受けに来るわな。。。
と思わせるのに十分。

 

ただただ、すごいと。。。
感心するばかり。。。

 

 

ぼくは、ほとんど仕事の中身は関係なし。。。

それにひきかえ、ぼくはずーっとかなりいい加減な理由で選んできました。

  • 好きな先輩が入社した
  • 面白そう
  • 安定してそう

全部、個人的理由です。

あー、ぼくって浅薄。。。なんて思ったんですけど。。。

 

 

職選びの理由大小があるのか。。。

でもそれでもいいんじゃない。。。
就職・転職に周囲が高邁な理想を求めるのはそもそも間違い。

 

明確な理由はなくとも、何か想いがある人。

そういう人はとりあえず軽いタッチでも動いてみるしかない。
最初から見えている人なんてごく少数です。

理論、理想よりもまず一歩。

 

 

一歩を踏み出うとしていた人を邪魔することのないように。。。

評論家ぶった人が転職の理由の良し悪しを論じる。

これも、ぼくの嫌いなべき論系です。

自分が行動しない人はそれでいいです。

ただ、何かしようとしている人の邪魔をしないように。

 

ではでは。。。

 

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】