進歩と向上の勘違い。。。



こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 



 

こんな記事を読みました。

>>半日ちょっとでAmazonから荷物が届く社会は狂っている

しろくまさんのブログです。

 

簡単に言うと、人間の生活の店舗がどんどん早くなっている。
だけど、ものには限度があるんじゃない?
って、おはなし。

 

ひたすら上向きのベクトルの良し悪し。。。

ぼくも、日々同じことを感じています。

例えば。。。

  • 前述のアマゾンの翌日配送。
  • コンビニの24時間営業。
  • ATMの24時間営業。
  • ファミレスの24時間営業

確かに便利。だけど、昔なかった。

 

企業はコストを払ってこれらを維持しています。

これって本当に必要なんでしょか。
これって、永遠にお客様にコミットできるものなんでしょうか。

利便性以外の方法でかけているコストを、顧客に還元することはできないでしょうか。

 

時間だけじゃない。。。上向きのベクトル。。。

時間だけじゃありません。

経済成長なんて言葉もそうです。
そもそも、成長が永遠に続くわけないのです。

そもそも「経済成長」って言葉も謎のことばで、単に市場規模が増えているだけ。
個々人の生活が潤うことと直結するわけではないのです。

それに、おのずと一人あたりに必要な経済規模も適正なレンジがあるはずで。。。

それを考えずに、ひたすら数字を追い求めることの悲しさ。

 

 

上向きベクトルがいいという思い込み。。。

誰も経済成長や24時間営業なんて、頼んでないんです。
まず、足元、平穏に暮らせることが急務。

でも、せかせかすると何かいいことありそうな気がして。

みんな、そう思い込んで慌てているから。
自分だけ周りに置いていかれて損をする気がして。

足を止められなくなっただけ。

 

 

そんなこんなで。。。

単純な数値目標(増加または効率化などの減少)のベクトルだけでコントロールできるほど、世の中あまくはなくなりました。

わかりやすい目標も必要ですが、これからは少し異なる切り口で、価値を還元していく工夫が必要だなと思ったのでした。

ではでは。

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】