これ常識!ワードプレスでテスト中のホームページを人に見られない方法。。



ぼくがワードプレスを使い始めて最初に困ったこと。

それは、「作ってる最中の中途半端なページが外に見えちゃう。。。」ということ。

 

ワードプレスでは、テーマと呼ばれるデザインのテンプレートを選んで、細部を設定します。

作り始めは、どのテーマ(デザイン)がいいのか迷う。
で、ころころデザインを変えたくなります。
 

 

 

テーマ(デザイン)を変えると、設定をやり直し・・・?

テーマ(デザイン)をきりかえると、細部の設定をやり直す必要があります。

その結果、切り替えた瞬間、外部から中途半端なホームページが見えることになります。

場合によっては、普通表に出ないThankyouページ等が表に見えたりして、カッコわるい。

 

 

普通のシステム開発では、テスト環境を用意するが。。。

企業等のシステム開発では、構築環境、テスト環境、本番環境と、複数のサーバーを用意。

構築環境はプログラムを書き、テスト環境で出来上がったプログラムをテスト。
問題がなければ、本番環境にプログラムをコピーして、やっと世の中に公開。

こんな風にして、エンドユーザーに変な画面が出ないようにします。

 

でも、個人がそこまで重厚な装備を揃えることは難しいし、第一めんどう。

で、便利なプラグインが登場します。

その名も「Theme Test Drive」。

>>参考記事『WordPressテーマカスタマイズに便利な「Theme Test Drive」の使い方

 

テーマテストドライブは、外向けには変更前の画面を表示したまま。

管理者がログインした場合には、変更中の画面が見られる優れもの。

 

で、変更が終わったら、テーマテストドライブの機能をオフにして、新しいテーマに切り替えます。

するとあら不思議、テスト状態で設定が行った設定が反映された状態で、新しいテーマが表示されるのです。

これで、いくらテーマを変えても大丈夫。

 

ちなみに、一番最初に作るときは、適当なテーマで「工事中」の投稿を一枚作っておけばOKです。

 

 

合わせて見たいテーマの紹介ページ

ぼくはいろいろなテーマを入れる前に、テーマ紹介サイトでいろいろ物色するようにしています。

>>たとえばここ「テーマタンク」

いきなり作り始める前に、素敵なデザインをたくさん見ましょう。

 

 

そんなこんなで。。。

一つだけ、注意点。

テーマには、ワードプレス公式んものと、それ以外があります。

セキュリティの観点からは、公式のものを使うのが無難です。
気休めかもしれませんが。

ではでは。

 

 

【こんな記事が人気です。。。】

  1. セカンドキャリアの現実。。。まだ大企業で消耗してるの? 
  2. 情報に金を払えない奴はバカである。。。
  3. システム開発のプロが、インターネットサービスを使うとき気をつける3つのこと。。。
  4. チャンスは待ってくれないですよ。まだ大企業で消耗してるの。。。
  5. 連絡先がメールだけの署名はあやしいですよ。。。

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】