人の決断の理由に大小なんてありません。。。まだ大企業で消耗してるの。。。

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 

先日、知人がfacebookに社会人になる時の志望動機を振り返る記事を書いていました。

内容は載せませんが、自分の問題意識、その解決方法。

そしてその会社でできることが的確に整理されていて。。。

 

 
 

一番驚いたのは、その問題意識の広さと、企業選びのつながり。
ソーシャル企業的観点なんですけど、確かにこの会社に受けに来るわな。。。
と思わせるのに十分。

 

ただただ、すごいと。。。
感心するばかり。。。

 

 

ぼくは、ほとんど仕事の中身は関係なし。。。

それにひきかえ、ぼくはずーっとかなりいい加減な理由で選んできました。

  • 好きな先輩が入社した
  • 面白そう
  • 安定してそう

全部、個人的理由です。

あー、ぼくって浅薄。。。なんて思ったんですけど。。。

 

 

職選びの理由大小があるのか。。。

でもそれでもいいんじゃない。。。
就職・転職に周囲が高邁な理想を求めるのはそもそも間違い。

 

明確な理由はなくとも、何か想いがある人。

そういう人はとりあえず軽いタッチでも動いてみるしかない。
最初から見えている人なんてごく少数です。

理論、理想よりもまず一歩。

 

 

一歩を踏み出うとしていた人を邪魔することのないように。。。

評論家ぶった人が転職の理由の良し悪しを論じる。

これも、ぼくの嫌いなべき論系です。

自分が行動しない人はそれでいいです。

ただ、何かしようとしている人の邪魔をしないように。

 

ではでは。。。

 

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】

夢をありがとう。。。中島くん。。。

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

ぼくは結構テレビっ子だったりしますが、今日のニュースはしんみりしました。

サザエさんの中島くんの声優さんがなくなられたんですんね。

 
 

 

名脇役だけじゃないよ。。。

ニュースには代表作として、ドラえもんの出来杉くんとか脇役が出てます。
でも、ぼくは子供の頃見たポールのミラクル大作戦の主役のポールがわすれられません。

 

魔王のベルトサタンにさらわれた友達を助けるため、不思議な人形のパックンと
異世界で戦うはなし。
戦うといっても、いまみたいなバトルではなくて、冒険の延長。

パックンのオカルトハンマー(名前がシュール)でおもちゃの車を本物にしたり。
異世界への扉を開いたり。

この車、マジでカッコよかった。

 

image

ハンマーで叩かれたおもちゃの車が大きくなるシーンがかっこいい。

 

いつもギリギリで魔王に逃げられるけど、魔王に苦しめられているひともたすけて。

夢のあるお話でした。

ぼくの原点のひとつだなぁ。

ご冥福をお祈りします。

 
【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】

資格やボランティアで、未来を語れ。。。まだ大企業で消耗してるの。。。

こんにちは。もたん(@eva_motan)です。

 

 

結構この歳になると、些細なことで凹んだりします。
曰く、俺、こんな年齢になって何やってるんだろう的な。。。

特に組織の中に入ると、出世の現実等いろいろシビア。
今まで通りに生きていても、フォースのダークサイドに
堕ちることがあるわけです。

 

そんな時ちょっと思い出してみる。

自分には、仕事以外に自己表現の手段があるってことを。

 

現実逃避ではなく、新しい世界を想像する。。。

当然、なんちゃら資格のホルダーというだけではダメ。
でも、自分の会社員生活が終わっても、やることたくさんあるのって、
かなりの精神的アドバンテージ。

 

自分が会社以外でやってきた経験を将来にどのように活かせるか。

それを考えるのはとてもクール。

例えば、ぼくはボランティアでNPOの設立から決算までの工程を知っている。

だから、NPOの立ち上げセミナーすぐにでもできます。

 

一応社労士なので、専門家っぽい内容もつっこめるでしょう。
(そのはず。。。(^◇^;))

 

深夜の湯船の中で、

  • 知り合いの税理士さんとコラボしたらどうかな、
  • 同じサラリーマン有資格者を募って、
    ボランティアセミナーをしてみたらどうか

とか考えると、すごい楽しい。

それだけじゃなくて、やりたくて仕方ない。

 

 

ポイントは優越感ではなくて、未来を語れること。。。

自分は他の人に比べて優れていると思うことは、悪いことではない。

 

だけど、それだけでは自分を支え続けられない。
だって、必ずしも自分の評価と他者の評価が釣り合わない時もあるから。

 

でも、自分で何かを仕掛けられるって事実は、誰にも邪魔されない。
そこが自分のアドバンテージ。

 

最低限やらなきゃいけないことは50代前半くらいでめどが立つもの。。。

「会社を定年まで頑張らないと生活が回らない」なんて考えていると、
新しいことを始めるのが億劫になったり、最悪無駄に思えたりする。

でも、子育てとか、住宅ローンとか、会社の出世とか、
良くも悪くも意外にはやく先が見えるもの。

 

日々に流されるだけでも、意外に自分の次を考えるタイミングは
すぐにやってきます。

だから、今やれることに手をつける。
みんながやることではなく、自分がやりたいと思ったことを実行する。

 

それが大切。
で、エキサイティング。

 

 

そんなこんなで。。。

こういう考え方の素地ができたのは、プロボノと社労士を通じてあった人々のおかげ。
頑張って、自分の世界を広げる努力をしてよかった。

で、サラリーマン有資格者の皆さん、誰か、ぼくと地味なNPO設立セミナーを開いてみませんか。

(会社に影響がない範囲で。。。)

(特に税理士さん希望。。。)

 

東京近郊の方、ぜひ、メッセージお待ちしてます。(^ ^)

ではでは。

 

 

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【フォレスト・ボランティアはこんなこともしています。。。】

 

 

【ランキング参加しています】