転職したことのない人の負け惜しみ。。。転職のすすめ。。。



石の上にも三年なんて言いますが、最近は3年経たずに転職する人も普通になりました。

かくいうぼくも2度の転職経験がありますし、以前いた部署は転職者が半分を占めていました。
つくづく、時代は変わっていることをかんじます。

だが、しかし!
いまだに、転職にアレルギーのある人もいるわけで、一度やめると転職癖がつくなんていわれ、転職者はふらふらしている人の代表の様です。

でも、転職する人は本当にそうしたフラフラした人なんなんでしょう。

 

転職癖というのは幻想、でも複数回転職者が多いのは本当

転職癖なるものがあるかは別にして、一回転職をすると抵抗がなくなるのは確かです。
ぼくの周りも複数回の経験者ばかりです。

先日うん十年ぶりにあった同級生2人が、それぞれ5回、6回と聞いたときにはさすがに驚いたけど。
(ちなみに、彼ら2人とも相当偉い人でした。)

でも、彼らが根性がないから辞めてるわけではない。そこには理由があるのです。

 

転職は、美味しいお店に並ぶのと同じくらい普通のこと

さて、ここで問題。

あなたが、ラーメン食べるとして、うまくて量も多い店が出来たら、そっち行きませんか。
転職なんてそんなもんです。

かなりデフォルメしてますが、要は条件のいいところに行くだけのこと。
普通の人と何も変わらんです。

ただ、したことのない人は転職が特別なことのように思い込んでいるから、普通のことと思えない。
だから、「あそこのラーメン屋は変な調味料いれてるよ」みたいに変な理由をつけてためらうわけです。

知らないから、ふつうの判断ができないだけ。
食わず嫌いと一緒です。

ま、転職したら社内人脈は一から作りなおしだけど、ま、ちょっと苦労するくらいのもんです
今時、社内人脈が自分の将来を支えてくれるわけでもないので。

 

自分にとって条件の悪いところでがまんするのは時間のロス。。。

転職は大したことじゃない。
まずは外に出てみよう。すべてはそこからです。

最後に一言、転職したことがない奴が、転職者の悪口を言うなってーの。

 

ではでは。

 

ランキング参加しています。
#NPO