資格試験に受かるサラリーマンの通勤電車のすごし方



さて昨日は宅建の本試験日でした。

受験生のみなさん、力は出せましたか?

不詳もたん、社労士、宅建は合格しましたが、行政書士は数年前に落ちました。難易度のちがう試験ではありますが、その差はどこにあったのでしょう。

今回は、サラリーマンの定番の勉強場所である通勤電車について、ぼく個人の経験からやってはいけないことを考えてみます。

 

鉄則1:新聞なんか読む必要はない

ぼくも社会人になってから、行き帰りの電車で新聞を読んでました。でも、新聞ってダラダラ読むと30分位すぐ過ぎます。ある日、なんかすごい無駄だなと思ったので、勉強時間を捻出するため新聞を切りました。

だいたい新聞にのってることなんてYAHOOのヘッドライン読めば十分。ぼくは金融機関に勤めてますが、新聞読まなくて困ったこと一度もありません。

あなたが本当に試験に受かりたいなら、その時間を問題演習にあてることです。

余談ですが、新聞というのは同じ視点でずっとものを語ることに意義があります。そういう意味で、投資好きの人は世の中の雰囲気みたいなものを継続ウォッチするために読むのは意味があるかも。でもそれだけです。

鉄則2:電車の中の広告用テレビを見ない

最近はどの電車にも付いている広告用ビジョン。

あれもいけません。

基本的に同じことを繰り返し流しているだけ。でも、ついつい眺めていると時間が経ちます。ぼくは広告用モニターからは意識的に視線をそらすようにしています。

 

鉄則3:スマホゲームをしない

これはかなり重要です。

ちょっと息抜きなんて思って、ツムツムをやろうものなら確実にハートがなくなるまでやります。人間は弱いものなんです。

ちなみに、ぼくはツムツムのおかげで行政書士試験を落ちました。現実逃避でかなりやり込んでましたから。^^

ま、本当は勉強量が足りなかったとしても、ゲームがその一因になっていることは確かかと。

 

 

上記の3つはいずれも「今すぐにやらんでもいいこと」です。

試験日は決まっています。
それまでに残された時間も限られてます。

ちょっと考えれば今何をすべきかはわかるはず。
自分が本当に重要だと思うことに時間を突っ込みましょう。

てなわけで、資格受験生のみなさん、ガンバです!
ランキング参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村