ホームページを作ったら、まずやること3つ。。。

みなさん、こんばんは。今回は、ホームページを作ったあとのことを書きます。

 

大体の人はホームページを作ると、

  • きれいに出来たトップ画面を見て。。。
  • 一日くらいにんまりして。。。
  • なんか自社ビルが建ったみたいな気になって。。。
  • 人によってはそのまま放置。。。

 

どの本にも書いてありますが、ホームページを作るとは、砂漠の中に店をたてたようなものです。誰もお店の存在を知りませんし、たまたま通る人は皆無に近い。。。

だから、作ってからの行動が大切なんです。

1.まず、お店ができたことを知らしめる。。。

知人に知らせる等基本動作の他に、下記が必要です。

・ランキング・サイトへの登録

同種の興味を持った人が集まるところにエントリーできます。ランキングサイトは、ホームページの更新を自動で拾って掲示してくれるので、他人の目に留まりやすくなります。

・twitter、Facebookへの投稿

ホームページだけでなく、twitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にも登録して、ホームページの更新情報を宣伝しましょう。

SNSは、興味志向の似通った他人を検索して読者登録することができ、そうすることで先方からのフォロー返し(向こうもこちらを読者登録してくれる)してくれることがあります。それを繰り返すと、自分のホームページの更新情報を直接相手に届けることができるようになり、より集客効果が高まります。

 

2.定期的な内容の更新

ホームページの記事は定期的に更新・内容追加を行いましょう。

初めから何十ページもあるような、情報の充実したホームページを作る必要はありません。
少しずつ記事を追加し更新情報をながす頻度を高めると、読者との接点が多くなり関係性が深まります。また、内容が増えることで、検索エンジンから拾ってもらう確率も増えます。

以前も書きましたが、ホームページ・ブログは、記事・内容の質と量のかけ算でなりたっています。ついつい質に目がいきがちですが、更新内容がストックされて行くことがホームページの信用と比例し、検索エンジンに引っかかる率も増えると考えると、量を増やすことも大切なんです。

 

3.解析ツールや、カウンターの設置

ホームページを見に来る人が 、どういう記事・内容も求めて見にくるのか確認するため、グーグルアナリティクスなどの解析ツールを導入しましょう。解析ツールを使えば、「日々の訪問者数」「良く読まれているページ」「どういったキーワードでグーグルで検索されているか」等が分かるようになります。

グーグルアナリティクスなどを使わない場合も、最低限ホームページにカウンター(訪問者数を記録するツール)は入れましょう。訪問者数で、どういった内容が好まれるかが分かります。

なるべく、読者の方が興味を持つ内容を調べて、記事を追加したいものです。

 

みなさん、「なんだ、当たり前のことじゃないか」と言います。でも、それをしないからアクセス数がのびず、ホームページの効果を享受できないわけです。

実際、ぼくが別に運営しているサイト(ガンプラ関連)でも、完成写真の投稿サイトに作品をアップしてホームページのURL(アドレス)も掲載したら、訪問者数が増えました。

とにもかくにも、ホームページを作ったら自分から周囲に絡んで行かないと始まりません。

 

作るだけで満足せず、常に改善していけば、ホームページはすごい無形資産になることを肝に銘じましょう。

 
ランキング参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

最近ぼくがMacを使う理由。。。

 

みなさん、こんばんは。
さて、ここ数年ぼくは基本的にパソコンはappleの「MacBookAir」11インチを使っています。以前意気込んで自作したWindowsのデスクトップは、写真の編集以外ほぼ使わなくなりました。
きっと、次買うパソコンもMacでしょう。
今日はその理由を書いてみます。

1.とにかく、立ち上げが早い

 とにかく、iPhone感覚ですぐに電源が入ります。
 また、ノートブックは電池のもちが良いので、通常はスリープ状態でつけっぱなしです。
 このため、ディスプレイを開いたらすぐに使えるようになっています。

2.軽くて電池長持ち

 MBA(MacBookAirのことを略してこういうらしい)はとにかく軽い。ぼくの持っているのは1キロくらい。実際に持ち歩きがするのが現実的な重さです。
 それに、さっきも書きましたが電池のもちが良い。買ってから2年近く経過しましたが、いまでも電池は数時間は楽に持ちます。
 パソコンなんて外で使うの?という方も多いと思いますが、ブログの更新や、プロボノでの打ち合わせ、NPOへのプレゼンなど、その気になれば使うタイミングはたくさん。
 電池のもちが良いのは、非常に重宝です。

3.細かいところの操作性が便利。

 例えばwebで写真を見るとき、タブレット同様にマウスパッド部分をピンチ(指を広げるようにしてこすること)すれば、画像が大きくなります。
 この他にも、iPadで出来るんだからMacでも出来そうなこと、をためしてみると結構できるんですよね。
 画面のスワイプ(指で画面を横にツイっとこすって画面を切り替えること)なんかも便利。

4.意外に機械が安い。

 MBAは一番安ければ10万円を切ります。それにMac用のオフィスを足しても11万円ちょい。
 renovoなどの格安機は別にして、同スペックのWindowsノートに比べたら、以外にリーズナブルです。
 しかも、リンゴマークがついているのでかっこいいし!(;゚∀゚)
こんなところでしょうか。
何と言っても、最大の要因は1番のやりたいときに「すぐに使える」点です。
WIndows機は、スイッチ入れてから使えるようになるまでに、飲み物をとりに行く時間が十分あるような感じですから、大分違います。
ま、最近はMac向けのウィルスも増えてきたということで、Mac用のウィルスソフトを入れたらそうも行かなくなるのかもしれませんが。。。
もうしばらく、この優位は揺るがないと思います。
Macを使ったことのない方も、MBAは持っていてもいいかも。
ランキング参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村