icon

人生を決めるのに大切な二つの軸。。。



みなさん、こんばんは。
ファンドレイザー社労士のもたんです。

 

アラフォーからの悩み事

ここ数年の悩み事ですが、四十を越えたのに決断力が足りない。

  • 上司がいないけど、今決めないと仕事が落ちる。
  • 子供の学校で、もめごちが起こった。
  • 親が病気になった。

40を超えると年齢的に社会的にもいろいろなことを求められるようになるので、ストレスを感じます。これは、誰もが直面する課題。

優柔不断な人が、短期間で決断をせまられるとき、どうすればいいのでしょうか。

 

その1:リスクを定量的に捉えてみる

ぼくが実際にやっていたのは、これをやったらプラス面の効果とマイナス面の効果を比較する方法。

金額だったり、対人関係上の度合いだったり、必ずしも明確に数量化はできませんが、意外にリスクってものは大小が着けやすいところがあります。

これを言ったら相手はどう思う?

相手が一生付き合う配偶者ならともかく、大抵の他人は用がなくなれば縁は切れます。(特に会社の人間関係なんてそんなもの。)そう考えると、いま何かを言わないことで、全体が悪い方向に行くのであれば言うべきです。

こんな感じで やると、意外にリスクの大小は白黒つくもんです。

 

 

その2:それでも迷ったら自分が正しいと思うことをする。

それでも、しがらみとか、自信のなさから、白黒つけられない、またはついてるのに認められないときがあります。

その時は自分が正しいと思うことを考えましょう。

世の中的に合理的、ということではありません。自分が正しいと思うことです。

だいたい、世の中に絶対真理なんてないわけで、最後は自分の決断です。みんなが良い答えなんてありません。

自分と違う答えの人がいて、その人を押し切ることになっても、そにときは自分の主張を通してもらったことを感謝すればいいだけです。

 

 

自分探しの思い込み

自分には強い主張がないから、軸がないから、決断できないんだって、ずっと思ってました。

どうやったら、軸が出来るんだろうと考えてました。

同じようなことを考えて、さまよっている人がたくさんいるでしょう。

 

でも、軸ってなんとも曖昧な言葉です。

自分だって不変ではない。常に変わり続けています。絶対の軸なんてないんです。

だから、そんな難しいものを探すのではなくて、そのときの自分の気持ちに素直になる。

 

それでも答えが出ない時は。。。

悩まず、運に天を任せてもいいかも。

 

二つの軸を思い出して、軽やかにすすんでいきましょう。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村