【コラム】スタートアップ時の外部業者さんの上手な活用法。。。



こんにちは。

フォレスト・ボランティアの所長もたんです。

さて、今回はスタートアップ時の上手な外部業者さんのお願いの仕方を提案します。

第三者ならではの冷静な目線で、物事を整理する力がある人に、まず頼むこと。それは、理念の整理を手伝ってもらうことです。

でも、スタートアップのNPOがそんなコストを払えるかって・・・?


 

大丈夫。当オフィスは、創業時に利用するサービスを活用(便乗)して、理念を整理してしまうことを提案します。

例えば。。。

  1. 創業セミナーにいった。。。
    必ず、理念や組織目的、事業主のプロフィールを作るコマがあるので、整理の仕方を盗みましょう。うまく行けば、講義の中で添削もしてもらえます。
  2. ホームページを作ってくれる業者さんをお願いした。。。
    内容検討の過程で、必ず自分の理念やサービスメニューを文書化していくことになります。運が良ければ、担当さんのコピーライター能力の高いこともあるので、そうした人の意見を活用して、文書化しましょう。
  3. NPOの設立手続きを依頼した。。。
    定款の作成において、必ず自団体の理念・やりたいことを文書化することになります。その際、委託先業者さんの文書化能力を活用することができます。

 

理念とはある物事についての、こうあるべきだという根本の考え。今後何か起きた時のための判断基準。

創業時に一番必要なものでしょう。

たくさんの場数を経験している業者さんは、専門のコンサルでなくても物事をコンセプト化する能力が高いので、それを活用しない手はありません。


 

ちなみに、当オフィスは理念の整理のお手伝いからwebサイトの立ち上げまで、お手伝いができます。

一緒に思いやりの芽を大きな森に育てていくお手伝いができたらと思います。

それでは、次回もよろしくお願いします。

 

【所長もたん】